FC2ブログ

記事一覧

454. 希林さん、ありがとう

樹木希林さんの訃報に驚いた。TVでお元気そうなお姿を拝見したのが、ついこの前のことだったから。
染めていない白髪で、お化粧もナチュラル。一本筋の通った姿は凛として美しく、同性として「かくありたし」と感じた姿だった。

がんの転移から約10年、お仕事でも素晴らしい業績を残された。
けれど頑張っているという悲壮感からはほど遠く見え、実に粋な人だと感じていた。

がんサバイバーのアイコンのような方だったので、75歳で逝かれたことで、力を落とされる方も多くいらっしゃるかもしれない。
亡くなられたと聞いて驚いたが、ご自宅でご家族に見守られて、との報道であった。
抗ガン剤や過度な臓器摘出をしなければ、がんは、そういう穏やかな幕引きもできる病気だったのだな、と再認識した。

生き方死に方に、その人の意思が反映されるのであれば、ぶれることなく一本筋の通ったその道に、すがすがしさすら感じる。

希林さん、ありがとう。
「そんなつもりじゃないのよ~」とおっしゃりそうだが、難治性の病を得てどう生きるかを模索する私たちにとって、あなたはやっぱり憧れのアイコンだ。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりりん

Author:ゆりりん
1962年生まれの56歳、京阪神に生息。
2014年12月末にIPFの告知を受けてから、経過と探求の日々を綴っています