FC2ブログ

記事一覧

450. 風邪の咳

夏風邪をひいて今日で4日目。まだジムに行くまでは回復できていない。

以前のブログを読んでみても、風邪を引くと必ず「咳き込み」に悩まされるようだ。
夜間の咳 http://kinseym.blog.fc2.com/blog-entry-255.html
長引く咳 http://kinseym.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

そして、健常だった時の風邪とは異なる特徴がある。
これは線維化した肺の状態が、引き起こす咳なのだろうと思う。

・ 一度咳き込むと止まらない
・ 全身を震わせるくらいの激しい咳き込み
・ 咳き込んだあと、胃酸が逆流する
・ 膨腹感が酷い
・ 体の姿勢によって咳が酷くなる

咳には本当に特効薬がないので困ってしまう。

風邪で熱が出た時は、カロナール錠200x2(解熱)x2回、プルセニド(便秘)を飲んで、デパス(入眠)0.5mgを半錠。
普段飲まないプレドニゾロン(抗炎)1mgx2錠も服用している。
体感的には、プレドニゾロンを飲んだほうが、体がラクになるように思う。

免疫力を落とす薬でもあるので、さじ加減が難しそうだ。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

お久しぶりです。しぶとく生きています。
ゆりりんさんは70歳が目標だそうですが、私はそれに10年以上余分に生きています。同じ京都の女性が書かれているブログに「「猫と癌と諸々と。。」というブログがあります。アドラーやユングやフランクルなども出てくる面白いブログで京都弁です。乳がんで10年以上無治療でモルヒネだけは欠かせないのですが・・・。今日は「生はいとしき蜃気楼」という言葉が出てきました(ただし、引用)テレビにも何度も出ているようです。宗教を信じているわけではありませんが、宗教の神髄みたいな生き方で共感するところがあります。よければ見てください。それとももう読んでおられますかね。

Re: No title

ないちゃん
コメントありがとうございます。
どうしてらっしゃるか、すごく気になっていました。
良かった、ご無事ですね!

おかげさまで私は(風邪はひきますが)元気にしています。
スタチンもゲットしました。(風邪がすっきりしたら再開します)

お教え頂いたブログ、また読んでみます。
私のブログは不定期ですが、ぜひ今後もコメント下さい。


No title

ゆりりんさん

こんにちは。
今日あたりは、だいぶ回復されたことでしょう。
一週間くらいは大事にしてくださいね!

ところで、カロナールやプレドニゾロンは、医師からいただいて
常備されていらっしゃるのでしょうか?

Re: No title

さくらさん
ありがとうございます。今日からジムに復帰しました。
不適切な行為ではあるのですが、家族に処方されたものを流用させてもらっています。

オフェブ、ステロイドは備蓄あり。
あと抗生物質が揃えば、多少の増悪なら自宅静養でいけるな、と思っています。
下手に病院に行って、ステロイドパルスされるのは嫌なのです。

No title

コメントください の言葉につられてですが、Nーアセチルシスティン(NAC)が出てこないのですが、どうしてでしょうか。私が見逃したのかも知れませんが・・・。
もとより効く 効かないの双方意見があり、エビデンスのエの字もないと思いますが。
私の場合 風邪は」漢方の「麻黄湯」が一番よく効くようです。インフルか否かを問いません。
ただし、スピードが勝負で風邪の症状が出てしまうと効きが落ちます。この前たけしのテレビに出てきた何とかの教授がタミフル リレンザ以上だと、とうとうとやっていました。

Re: No title

ないちゃん
さすが、よくご存知ですね。
NACは欧米では経口薬が承認されていて、日本では吸引薬だけが承認されているのですよね。

経口薬はIPFに対して無効という考えが欧米では主流で、吸引薬(ムコフィリン)は日本での小規模研究ではIPF患者の寿命を延ばした、という結果が出ているようです。
私の感覚としては、ちょっと有効性は弱いかな、という感じです。

麻黄湯ですか、また試してみます。ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりりん

Author:ゆりりん
1962年生まれの56歳、京阪神に生息。
2014年12月末にIPFの告知を受けてから、経過と探求の日々を綴っています