FC2ブログ

記事一覧

429. COPDの増悪予防

日経メディカルの記事「薬剤とリハでCOPDの急性増悪を予防」を読んだ。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t313/201805/556104.html
COPDと間質性肺炎とでは、「吐けない」VS「吸えない」という違いはあれ、ともに肺胞がその機能を失うという共通点がある。

以下、間質性肺炎患者も、知っていたらメンタル的にも楽になるかもしれない、と感じた内容をピックアップしてみた。

・COPDは、その患者ごとに多様な病態を呈する疾患だ。そのため、患者ごとの増悪パターンを把握することはとても重要だ。

・重症になればなるほどCOPDの増悪要因として、感染や心不全以外の要因を理解することが大切になる。

・低気圧の接近によって肺内の空気が膨張したり、食後に胃が膨張すれば、気道閉塞は強まる。そのまま動くと、少し動いただけで苦しくて頻呼吸になる

・COPDの急性増悪を予防するには、身体活動性を保つための呼吸リハビリテーションも欠かせない。

・筋肉量を増加させるためにはツナやマヨネーズを追加するといった高蛋白質、高カロリーの食事がポイントとなる。

・肺胞が破壊されているCOPD患者は、毛細血管も破壊消失して減少している。しかし、全身を循環してきた血液は、肺の血管を通らなければ左心系に循環できない。つまり、減少した血管床に、減少する前と同じ量の血液が流れることになる。そのため、肺動脈圧が高くなる。

・この状況で塩分を取って循環血液量がさらに増えると、少量でも循環系に負荷が掛かり、心不全の急性増悪が起こり得る。呼吸困難感が生じれば、利尿薬投与などの治療介入が必要となる。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちわ

こんにちわですm(_ _)m
自分はCOPD&間質性肺炎です。
おっしゃる通り、食後の呼吸困難が怖いので
外食は一切しません((T_T))お弁当持って歩いてます 

退院後の私生活の食事も病院食に味が付いて
量が少し増えた程度と補助に経腸栄養剤を飲んでます。

『吐けない』COPDに『吸えない』間質性肺炎‼
さらに『心臓バクバク』

慣れるまで『地獄』でした((T_T))

なので、ブログ村での情報で自分は随分と助けられて
きました‼
有り難う御座います

更新を常に楽しみにしてます(1ファンより)m(_ _)m

Re: こんにちわ

クルマズキさま
コメントありがとうございます。
ダブル疾患で、さそお辛いと思います。

お食事のあとは、やはり辛くなるのですね。胃が膨れると肺が押されますしね。

ヨガなどでやる全呼吸(胸式+複式のコンビ)がメンタルのリラックスにも有効と読みました。
私も寝る前に意識してやっています。

役に立ちそうな情報が入れば、更新していきます。
今後ともよろしくお願いします。

Re: お尋ねします

bagu様
丹参についてのお問い合わせ、について。
基本となっている論文を紹介したのは、以下の記事172です。
http://kinseym.blog.fc2.com/blog-entry-172.html

漢方薬の一つで、ネットで検索してもらえれば、販売している漢方薬店を見つけられます。
30分ほど煮だしてお茶代わりに飲みます。
私のカテゴリーIPF Season1でたびたび出てきますが、そちらも合わせ読んで頂ければ、と思います。
こちらに購入している丹参の写真も載せています。
http://kinseym.blog.fc2.com/blog-entry-415.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりりん

Author:ゆりりん
1962年生まれの56歳、京阪神に生息。
2014年12月末にIPFの告知を受けてから、経過と探求の日々を綴っています