FC2ブログ

記事一覧

418. 服用経緯

自己責任で飲んでいる薬やサプリ及びその開始時期と主たる検査結果を合体してみた。
今まで私のブログを読んで頂いている方には、甚だ重複する内容で恐縮だが、“おさらい”ということでご容赦頂きたい。

history.png
間質性肺炎患者は、肺活量よりも肺拡散能が先行して減少する。
肺胞から血液への酸素受け渡し能力なので、私自身の検査の上手下手はまったく影響しないはずだ。
丹参を飲み始めてから、この拡散能が飛躍的に改善し、昨年9月の検査では健常人とほぼ同じ結果が出ている(基準値比95%)。

もうひとつ今回の検査で好感したのは、検査中一度も咳が出なかったことだ。
肺機能検査の一秒率を測る検査(合図とともに思いっきり吐いて、その後も吐き続ける検査)で、過去の検査ではいつも咳が出て一回は失敗していた。
今回もぐぐーっと最後まで肺を絞るようにして息を吐ききる時はしんどかったが、咳は出なかったので、これはメトホルミンの効能だろう、と感じている。

何が効いて何が効かないか。ILDは病状も進行の速度も、人それぞれなので、私に効いたものが他の方にも有効とは限らない。
ではあるが、何らかのご参考になるのならば、これに勝る喜びはない。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは 
2度目のコメントをさせて頂いてます
丹参、良さそうですね。
主人は偏屈で、
検診には送迎だけはしてほしいけど診察はひとりで行く。検査結果ももらわない。
そして先生の見解はいつも「良くなってます」といってた。。。。いやいやドンドン悪くなってますけど。
と、思いながら何をしていいやら分からず、日々過ごしてます。
なんでも試してみたいですよね。
とても参考になります。丹参、かってみよう!

去年一年間に3回肺炎で入院。この度花粉で鼻が腫れて酸素がいかなく。呼吸困難になり入院
本日、退院しました。 
が、酸素流量5リットルの機械では賄えなくなりそうなので、
とうとう7リットルのドクターなんとかという在宅酸素器具が設置されました。
オフェブは合ってるそうですが、、、どうなることやらです。
長文、失礼しましたm(_ _)m

Re: No title

zzzhiko様
私のブログをご主人に読んで頂いたらどうでしょうか。
IPF Season1だけでも。それで、「コイツ気に入らない」というのなら、それでも良いと思います。

いくらzzzhikoさんが良いと思って丹参をすすめても、お飲みにはならない気がします。
私がどうやって丹参にたどり着いたのか、それを理解してもらわないとお飲みにならないと思うのです。
他の糖鎖とかと一緒にされそうです。

IPFは現代の医学ではどんな名医も治すことができない難病です。
だからこそ、自分で納得がいくように調べつくそう。そう思ってやってきました。

ご主人は検査結果ももらわない、そういう真逆なアプローチです。
けれど、それは「不治の病」であることをよくご存知だからではないかと思うのです。
一見真逆に見えるけれど、見ているものは同じ、かもしれません。

No title

こんにちは メトホルミンは、この病気のタイプは選ばないのですかね。膠原病型とか?
近医が了解してくれたので試すことにします。

Re: No title

kenさん
17/09/23に「とりあえず発注しました」と書いておられたkenさんとは違う方でしょうか。
同じ方なら、まだ踏ん切りがつきませんでしたか。

『シャーレで線維化の抑制、IPFマウス(ブレオマイシン誘発型)で優位に肺線維化の進行を抑制した』というのが、私のご紹介した論文です。
ですから、本当にIPFに効くのか、あるいはIPF内でもタイプを選ぶのか、分かりません。
あくまでも自己責任での服用を、お願いします。

服用量ですが、私ならば、朝0.5錠を2週間試して、副作用が起きないことを確認してから、朝1錠(250mg)に増やします。
そうやって少しずつ増やしても、糖尿病の最低服用量の500mgを超えることはしないと思います。



No title

すみません。また、ありがとうございます。
とりあえず、「裏」ではなく「表」から入手しましたので、今夜から始めました。医師は500×2でしたが、ちょっと多いかなと思っています。まず、250から始めてみます。酒は適量ならいいとのことでした。

No title

こんにちは もう一つ教えてください。
医師の処方量の半分250㍉を前夜、今朝とのみましたが、予想以上に血糖値が下がりました。空腹時81
目的が血糖管理でもありませんし、夜は酒を飲みますので、朝または昼食後にに250ではどうでしょうかね。

Re: No title

Kenさん

私は服用量については、アドバイスをすでにしています。

『服用量ですが、私ならば、朝0.5錠を2週間試して、副作用が起きないことを確認してから、朝1錠(250mg)に増やします。
そうやって少しずつ増やしても、糖尿病の最低服用量の500mgを超えることはしないと思います。』

4週間ほど試して、咳が減るなどの好転がなければ、Kenさんには合わないと判断されたら良いでしょう。

No title

さっそくのお返事、ありがとうございます

はじめまして

昨年夏に間質性肺炎(IPFの初期)の診断を受けた64歳男性です。ブログを大変ありがたく拝読しています。
私は、40歳すぎから冷え性でして、真夏でも靴下なしでは眠れません。ここ数年の冬は、足裏が痛くなるほどでしたが、この冬、オメガ3脂肪酸とMCT中鎖脂肪酸を使い始め、大きく改善し、自分でも驚いているところです(飽和脂肪酸は極力避けています)。IPFも血行の悪さに関係しているのではと思っている最中に、ゆりりんさんのブログに気づき、早速、丹参をはじめました。
KL-6は604、SP-Dは355。胸の違和感と軽い咳があります。肺機能は正常値にありますが、息切れしやすくなったと自覚しています。
私がブログを持っていないため、不完全ですが、今後も情報交換させていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Re: はじめまして

やまやん様
詳しい自己紹介下さり、ありがとうございます。
オメガ3脂肪酸については、私も効能ありと感じています。
中鎖脂肪酸についてはまた調べてみたいと思います。
こちらこそ、今後とも情報交換をよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりりん

Author:ゆりりん
1962年生まれの56歳、京阪神に生息。
2014年12月末にIPFの告知を受けてから、経過と探求の日々を綴っています

このページのトップへ