FC2ブログ

記事一覧

396. 持続血糖測定器

採血不要の血糖値測定器、「記事40. 測定機器の進歩」でご紹介したアボットのFreeStyle リブレが、9月1日から日本でも保険適用となり、使用が可能になった。
http://jp.abbott-diabetescare.com/patient/products/

2週間つけっぱなしにできるニードルパッチを二の腕に付ける。
このパッチ上に測定器をかざすと、皮下の間質液中のグルコース濃度をセンサーが感知して測定する。
間質液中のグルコース(血糖)濃度は(血液中の)血糖値と相関するため、数値をシミュレートして血糖値の値を表示するという仕組みだ。

患者の負担はいくらかかるのだろう、と思っていたところ、一昨日の日経新聞夕刊で、3割負担で5,000円/月で使えると書かれていた。さてこれは高いか、安いか。
測定に伴う痛みがなく、また従来の血糖値測定器では必要としたストリップ(採血を染す検査紙)が不要なので、一日何回も気の向くまま測定できる、という点を考慮すれば、メリットは大きいように思う。

2015年には欧州で発売されていたので、日本での発売は遅れること2年。
医療機器や医薬のタイムラグ。ある程度は仕方ないとしても、もう少し短縮して欲しいものだ。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりりん

Author:ゆりりん
1962年生まれの56歳、京阪神に生息。
2014年12月末にIPFの告知を受けてから、経過と探求の日々を綴っています

このページのトップへ